意外と知られていないネットワーク監視の仕事

企業のネットが守られている

ネットワーク監視とは大まかに言って「ネットワーク管理」の事を指します。もう少し砕いた表現にすると「ネットワークが使えるかどうかを管理する」というものになります。これは特に企業で取り入れられているシステムで、サイトを運用している企業ではとても重要な管理です。というのも企業内のネットワークが不安定になってしまいますと、まともにサイトを記載できなくなってしまい、顧客の信頼感を失ってしまうおそれがあるためです。それだけでなく、ネットワークに負荷がかかっていると最悪の場合個人情報を流出してしまう恐れがあります。そのためにもネットワーク監視というのは企業のネットを守る重要な役割を果たしているわけです。

具体的に何を監視しているの?

ネットワーク監視は企業内のネットを監視していると分かりましたが、実際何を監視しているのでしょうか。ネットワーク監視は主に専用のソフトウェアを使ってネット状況を一括把握しています。このソフトウェアは他企業が開発した優良なものもあれば、無料なオープンソースの物もありますが、基本的に見れる項目は似ています。見ている代表の物としましては「CPU」や「ディスク」の稼働率。また機器の軌道状態の確認。といったものがあります。CPUやディスクの稼働率が高くなると、ネットに接続するのが困難になるため、その時点で制限をかけるようにしないといけません。ネットワーク監視はそれを指示するのが目的になります。

仮にネットワークに障害が起きたら

仮に上記で記述したようにCPUやディスクの稼働率が高まり、ネットワークに障害が起きたら監視員はどうするのでしょうか。基本的にネットワークに障害が起きた際も、3重程度に対応するようシステムが構築されています。そのため監視員は報告程度で十分です。またそれでもバグが起きてしまう場合は、マニュアルで対応するのが一般的です。最悪の場合上級のエンジニアに電話をすれば駆けつけてくれます。ネットワーク監視で重要なのは、この迅速な対応なのです。

ネットワーク監視は24時間いつトラブルが起きるかわからないので、通常は外部の専門業者に委託するのが一般的です。