ネット上で誹謗中傷される原因とは?誹謗中傷対策3選

自慢話ばかりはNG!

ネットで誹謗中傷される理由の1つとして「自慢話ばかりをする」ということが挙げられます。例えば、自分の容姿や頭脳などについて他人に自慢ばかりしているような人のことを指します。少しの自慢やたまになら良いのですが、あまりにも頻繁に自慢をするような人だと誹謗中傷される可能性が高くなります。自慢話でなくても、自分の顔写真ばかりネットにアップするような人は、結局自慢と捉えられてしまうでしょう。頻度や話の内容には注意してネットに投稿しましょう。

悪口を言われたくないのであれば言うな!

次に誹謗中傷される理由として考えられるのは、「他人の悪口ばかりを言う」ような場合でしょう。ネットでこそこそと悪口を言っている人は、他人から見ていい気はしません。また、特定の人物ではなく不特定多数の人の悪口を言う人もいます。そのような人は誹謗中傷されるどころかわ信頼性も失う可能性がありますよ。誹謗中傷されたくないのであれば、自分もそのような行為を控えるべきです。他人が見て嫌な気分になるような投稿は控えましょう。

ネット上でも嘘つきはダメ!

最後に考えられる理由は、「嘘の情報ばかりを投稿する」ような人です。嘘ばかりついている人は、ネット上でなくてもあまり好かれないでしょう。このケースでも他人からの信頼性がどんどん失われる可能性があります。おもしろい投稿や誰にも負けない投稿をしたい気持ちはわかりますが、嘘をついていたらいずればれてしまい誹謗中傷されるかもしれません。そうならないためにも、ネット上で投稿する内容が真実なのかどうかしっかりと調べてから投稿するようにしましょう。

昨今では、検索のエンジンのサジェストが汚染される被害が増えてきています。そういう場合にはサジェスト対策の業者に依頼することで、削除してもらうことが可能です。