もらった後が問題!?トロフィーをもらう時に気になる点とは

トロフィーの重さは持ち運びに関わる重要な点

大きな大会で上位入賞を果たし、いざトロフィーをもらう時点では大変嬉しいものですよね。ですがトロフィーをもらった直後にその意外な程の重さに我に返り、これでは自宅にまで持ち帰るのも大変だなと思う事もあるでしょう。必要以上に重いトロフィーは持ち運びにも負担が増し、また形が形だけに運搬時にも気を使い結構ストレスの溜まるものなのです。もちろん自宅に飾る時もそう簡単に動かせず、掃除やインテリアのレイアウト変更時における移動でもまた、結構苦労するものなのです。

トロフィーのサイズは必ずしも自宅にマッチしない

成績が上位になる程立派で大きなトロフィーを頂けるものですが、ステータスとしては大変重要なポイントなものの、その大きさが果たして全ての人の自宅のインテリアに対してピッタリかと言えばそうではありませんよね。むしろ多くの人は、必要以上なトロフィーの大きさによって置き場に苦労し、最悪の場合飾る事さえ出来ず倉庫の奥に眠らせてしまう結果に終わるのです。トロフィーの本来の意味からすれば、この結果は非常に勿体無いものですよね。

トロフィーを製作する場合に必要なセンスとは

上記のミスマッチにより、意外と多くの人がトロフィーを思う様に自宅に飾る事が出来ず残念な思いをしているのは確かでしょう。これは貰う側の問題では無く、そういった家庭事情を殆ど考慮に入れずに製作してしまった主催者側の問題でもあるでしょう。特別権威のある大会でもない限り、トロフィー製作の際には想定される参加者の層を見極め、彼等の自宅や部屋の広さに見合ったサイズや重さのトロフィーを製作・発注すべきなのです。トロフィー一つ取っても、大きければ、また豪華であれば何でも構わないという意識を捨ててこそ、皆が心から楽しめる競技や大会となる事でしょう。

トロフィーというのは、特別感のあるアイテムなので、栄誉を称えるために活用でき、受け取った側においても大切な記念品となります。