私たちも加害者になりえる?風評被害の問題と対策

そもそも風評被害って何だろう

風評被害という言葉を、よく耳にするようになりました。しかし、その言葉の意味を正しく理解しているでしょうか。風評被害というのは、根も葉もない噂によって受ける被害のことを指します。根も葉もないという点が、重要です。例えば、近くの山に幽霊が出るという噂が立ったとします。何を馬鹿なと思いながらも、近隣の住人は山に近づかなくなります。そしてついには、山の住人を妖怪と罵るようになります。じつに稚拙な話ですが、そのようなことが実際に起こりうるのが問題です。

風評被害の加害者にならないために

風評被害は根も葉もない噂を流す人にも問題がありますが、なにより噂を真に受ける私たちに問題があります。風評被害は私たちも加害者であるという自覚を持つことが大切です。それが、なによりの風評被害対策になります。では、実際にはどうすればよいのでしょうか。それは、調べることです。最近は、インターネットで手軽にソースを調べることができるようになりました。正しい情報には、必ず根拠があります。自分で噂の原因を調べてみて、自分で真偽を判断することが大切です。

風評被害の被害者にならないために

風評というのは根拠がないため、時間が経てばその多くが消え去ります。しかし、その間に損失を被ってしまうため、被害者にとっては野放しにできないことです。風評被害を受けた人は、その噂がデマであることを、根拠とともに説明していかなければなりません。情報の根源を示すことが大切です。また、風評被害対策を提供しているサービスも登場しています。風評被害の原因となっているサイトを監視したり、検索エンジンから遠ざけることができるようになりつつあります。

誹謗中傷対策には業者に依頼を行う事が求められます。素早い対応でブログなどのコメント蘭を削除したりする事が出来ます。